2008年11月06日

★あの取れなかった汚れが取れた!■新築したばかりでも、汚れ落しって必要なの?

 以前、お客様よりお問い合わせで

「現在新築で家を建てているのですが、この場合は
汚れ落しはやらなくていいですよね?」

 というお問い合わせをいただきましたので、今回は、
新築したばかりの床にワックスをかけるときにも、
汚れ落しを行う必要があるのか?
ということについてお話したいと思います。


 結果から言ってしまうと、洗剤拭きを行う必要が
あるのです。

 では、なぜ建てたばかりのまだ住んでいないような
状態でも、洗剤拭きを行う必要があるのでしょうか?


 それは、完成した状態で、既に汚れているからです。


「え?でも完成したばかりの家ってどこを見ても
とても綺麗で汚れているようには見えないけど、
それでも汚れているの?」


 と、とうぜん疑問に思われることでしょう。


 これはよく考えていただくと分かるのですが、
フロアー(床材)を貼るときに、一枚一枚職人さんが
貼っていきますよね。貼っていくときに職人さんが
フロアー(床材)を手に持ちますが、そのときにフロアー
(床材)に手の汚れがわずかながら付きます。


 床を貼り終わりその上に養生シートで覆ってしまう
のですが、この養生も、完全に隙間がないように
できないため、残っている天井や壁の施工を行うと
養生の隙間から木くずなどが入り込んでフロアー(床材)が
汚れてしまうのです。


 このように考えると、新築したばかりの家でも、
施工段階から汚れているということがご理解いただける
のではないでしょうか?


 もちろん、完成した後に専門の業者がクリーニングを
きちんと行ってくれれば良いのですが、職人さんだけが
掃除をすると、良くて拭き掃除、一般的にはほうきで掃く
くらいで終わってしまう場合がほとんどですので、そのような
状態では、本当に綺麗になったとは言えないのです。

 
 新築に住むという経験は一生のうちでも一度あれば
良いほうですが、このようなことを知っておけば、
いかに綺麗な状態を保つことが大変なのかということを
理解でき、また、そのことを念頭においていただくことに
よって、今後行って頂くときの、床ワックスかけ前に
行う洗剤拭きの重要性が分かり、より念入りに行って
いただけるのではないかと思います。



■さらに詳しく知りたい、また、このような場合って
どうなのだろう?などと思われることがありましたら、
下記にてさらに詳しく説明をしておりますので、気軽に
見て頂けますと嬉しく思います!
http://www.wax-pro.jp/
posted by イシ at 13:23| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月18日

★あの取れなかった汚れが取れた!■汚れを落とさずに床ワックスを長年塗り続けるとどうなるのか?

前回のブログから、かなり期間があいてしまいました。

いままでのブログにも、「可能な限り汚れを落としてからワックスはかけましょう」
ということを書いてきました。

今回紹介するのは、まさに、そのようなことに関係する内容のお問い合わせを頂いたので、
ご紹介したいと思います。

まず、お問い合わせを頂いた内容ですが、


「長年フローリングワックスを重ね塗りしてきたため 本来の色と変わってしましました。
カッターや堅い物でこするとカリカリと剥がれる状態です。
こんな頑固な汚れも取る事は可能でしょうか?」

というお問い合わせを頂いたのです。


お問い合わせで頂いた内容だけでは、はっきりとしたことが分からない為、
さらに詳しく内容をお聞きしてみたところ、薄いクリーム系のフローリング合板に、
9年間、年に一回のペースで床ワックスをかけていたそうです。

定期的に床ワックスをかけていらっしゃることは、非常に素晴らしいことなのですが、
ただ、汚れを落とさずに床ワックスをかけてしまっていたということは、非常に残念です。

汚れを落とさずに長年床ワックスをかけていると、汚れがワックス層の中に蓄積されてしまい、
フローリング本来の色が変わってしまったように見える原因になるからです。

また、カッターや堅い物でこするとカリカリと剥がれる状態で、そのような頑固な汚れも取る事は
可能でしょうか?とありますが、このような状態は、どういったことを意味していると思われますか?

そうです。
硬い物で擦るとカリカリと剥れるのはワックスで、汚れではないということが分かりますよね。

ですので、ワックス自体が汚れたように見えてしまっているため、綺麗にしようと思うなら、
ワックス自体を取り除く(剥離)方法しかないのです。


あなたも、もしもきちんと汚れを落とさずに床ワックスをかけていたりなんかすると、
数年後には、床の色が変色したような状態になってしまい、剥離を行わないと
いけなくなるかもしれません。

床ワックスを塗る前は、可能な限り汚れを落としてから、床ワックスを
塗って頂くことを切に願っています!

そうすることにより、綺麗な床を保持することができるのです。



■ご質問などがありましたら、遠慮なく聞いてください。
http://www.wax-pro.jp/
posted by イシ at 16:27| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月05日

★あの取れなかった汚れが取れた!■嘉数さんのお宅にお伺いしました!

今回は、某大食い番組に出演したことがある嘉数さんのお宅に床ワックスをかけさせて頂いたので、その時のことを書きたいと思います。

3月20日朝、車に荷物も乗せて準備も出来たし、さあ嘉数さんのお宅に向けてしゅっぱーつ!!

と元気にいきたいところなのですが、実はその二週間ほど前に、あろうことか私は中指を怪我してしまったのです!
その理由というのが夕食の手伝いでキュウリをスライスしていて、指も一緒にスライスしてしまったのです。(滝汗)

ワックスコンサルタントは手が武器である私が、不覚にも怪我をしてしまうとはなんともお粗末なことで…。(トホホ)

嘉数さんのお宅にお伺いする当日も、まだ傷口に痛みがあるので作業に支障がでないか気になっていましたが、そんなことばかりを気にしていられないので、少しでも作業を行いやすいようにガーゼからバンソウコウに付け替えて張り切って出発!

嘉数さんのお宅に到着し、少し緊張しながらインターホンを押すと、嘉数さんと愛犬メルちゃんが出迎えてくれました!(喜)

実物の嘉数さんは、なんとまあスリムな体系!
体系だけを比べると私の方がよく食べるように思えてしまいました。(汗)

ワックスをかけさせて頂く部屋はリビングダイニングの部屋で約12畳あり、部屋を半分に分けて作業開始!

部屋半分の汚れ落としを済ませ、ワックスかけを順調に行っているとハプニング発生!

それまでは非常に大人しく椅子の上にじっとしていたメルちゃんが、何を思ったのか急にトコトコと歩き出し、まだ乾燥していないキッチン側の床を歩いてしまったではないですか!

恐る恐るメルちゃんが歩いた所を見てみると、肉球の跡がしっかり付いていたのです。(滝汗)

メルちゃんは私が焦っている様子を見て悪い事をしたと分かったのか、私が作業をしているところに来て尻尾を振って愛想をしてくれました。(苦笑)

この時はワックスを塗ったばかりということもあり比較的簡単に剥離が出来たのですが、剥離も汚れ落とし同様、非常に大変な作業になるので、ワックスをかける時はみなさんも十分に気をつけてくださいね。

心配していた指の痛みもなく、作業中にちょっとしたハプニングはあったものの無事終了することができ、ピカピカになった床に大変満足して頂けました!

この度は、本当にありがとうございました!!


■こちらには写真付きで更に詳しく載っていますので、気軽に覗いてみてください!
http://www.wax-pro.jp/voice-be.html
posted by イシ at 16:28| 岡山 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月26日

★あの取れなかった汚れが取れた!■その洗剤が威力を発揮するところ!

今回は、実際どんな汚れが落とせるのか?ということを書いてみようと思います。

前回のブログにも書きましたが、この洗剤は床や白木などの汚れを落とす為の専用洗剤ということを説明しましたよね。

ひとつ断っておきますが、専用洗剤と言っても他の場所にも使用できて、実はとても用途が広いのですが、今回はワックスを塗る前に使用するとこを想定してますので、床や白木に付いたどのような汚れが落とせるのか。ということに絞って説明していきます。

床の表面は一見綺麗に見えますが、実は非常に汚れていてホコリは勿論、油分も付着しているのです。

そういった汚れは勿論、床表面についた黒ずんだ汚れや、クッションフロアなどのデコボコした表面に詰まった汚れなどを綺麗に落とすことができます。

また、白木などは、手で触って黒ずんだ場所などが綺麗に落とせて気持ちがいいくらいです。(笑)

よく汚れというと目に見えるものばかりを考えがちですが、目には見えにくい汚れを落とすということも非常に大切になってくるのです。


では、なぜここまで汚れを落とすことに拘っているのかとお思いになられるかも知れませんよね。

一つ例をあげますと、

よく、床ワックスを定期的に塗っていると、段々と床が黒くなってしまったということを耳にすることがありませんか?

その原因は、実は、以前に塗ったワックスの表面に付いた汚れを綺麗に落としきらず、新たにワックスを塗ってしまう為、ワックスとワックスの間に汚れがサンドイッチのような状態で閉じ込められ、その閉じ込められた汚れが床を黒く見せてしまうのです。

ですので、可能な限り床を綺麗にしてから、床ワックスを塗るようにしていただきたいと切に願っています。


話が少しずれましが、先述したように床や白木にワックスを塗る際、この洗剤を使用すると汚れがよく落ち、綺麗な状態でワックスをぬることが出来るということがご理解いただけたのではないかと思います。


-----------------------------------------------------------------------------------------
■こちらにも洗剤や床ワックスなどに関して詳しく説明してありますので、気軽に覗いてみてください。
また、ご質問などがありましたら、遠慮なく聞いてください。
http://www.wax-pro.jp/
posted by イシ at 16:22| 岡山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月15日

★あの取れなかった汚れが取れた!■理想の洗剤とは?

今日は前回に引き続き、私が扱っている洗剤について詳しく紹介していこうと思います。

前回は優しい洗剤ということを書きましたよね。今回は私が扱っている洗剤の特長の一つ、臭いがないということです。

「え?臭いがないのが特長になるの?」

と思われるかも知れませんが、臭いがないということは立派な特長の一つになります。(笑)

例えば、強烈な臭いのする洗剤が家にあるとします。
その洗剤を使って、家のサッシ(窓枠)を掃除するとになりました。
使い始めは凄い臭いがする洗剤だな。と思うくらいかもしれませんが、長時間その強烈な臭いのする洗剤で掃除をしていると、だんだんとその臭いが鼻についてきて気になって仕方がなくなると思います。

家の外側を掃除するのならまだしも、密閉された内側なんかを掃除していたら、臭いが充満して臭くて仕方がなくなるでしょう。

「でも換気をしながら掃除をするから大丈夫だよ。」

などと言っていると、その強烈な臭いが服や髪に染み付いて、掃除が終わった後もいつまでも臭いかねませんから。
ましてや、その洗剤を使った場所が、食事をする部屋だったりなんかすると、せっかくの美味しい料理も、美味しくいただけないかもしれないですし。

私は以前、強烈と言うほどまではないのですが、臭いのする洗剤を使って掃除をしたことがあります。掃除をし終わった後も、その洗剤の臭いがなかなか鼻からとれず、暫くの間気持ちが悪かったという経験をしたことがあります。

ですので、快適に掃除を行い、食事も美味しくいただく為にも(笑)、臭いがしないということはとても重要な特長の一つになるのではないのでしょうか?

■こちらにも洗剤や床ワックスなどに関して詳しく説明してありますので、気軽に覗いてみてください。
また、ご質問などがありましたら、遠慮なく聞いてください。
http://www.wax-pro.jp/
posted by イシ at 14:56| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月13日

★あの取れなかった汚れが取れた!■汚れ落としに最適な洗剤とは?

今日からは私が扱っている商品の紹介や、使い方を説明していきたいと思います。

昨日、床にワックスをかける前に綺麗にしてから床ワックスをかけないといけない説明をしました。
でもどのようにして綺麗にしたらいいのか?と思いますよね。

雑巾で水拭きをすればいいのでしょうか?水拭きも間違いではありませんが、それだけでは不十分です。より綺麗な状態にしようと思えば、洗剤拭きをしないといけません。

では、どんな洗剤を使えばいいと思われますか?

食器用洗剤やトイレ掃除に使用する洗剤で床の汚れを落とせばいいのでしょうか?それとも市販でよく売っている洗剤を使用して汚れを落とせばいいのでしょうか?食器用洗剤やトイレ用は別として、(笑)市販で売られている洗剤を使うというのは間違いではありませんが、やはり専用の洗剤を使用するのが一番いいと思います。

やはり、専用の洗剤というのは、その為に開発費をかけ商品として売り出しているのですから、専用の洗剤を使って床の汚れを落とすことが一番好ましいです。

でも、専用洗剤ってどのようなものがあるのかな?

とお考えになるかもしれませんよね。そのような方は私が扱っている専用洗剤をお勧めします。(笑)

もう少し詳しく言いますと、私が扱っている専用洗剤は床は勿論、白木などの汚れ落としの為に開発された専用洗剤ですので、木や人にも優しく、安心して使用できるようになっているのです。

なぜ木に優しいのでしょうか?

それは白木に使用できるからです。

ん?白木に使用できたらなぜ優しいのかな?
とお考えになる方もいると思いますので、説明したいと思います。

白木というのは、主に杉や桧を使っています。木そのものには何も問題ないのですが、殆どの場合、仕上げに何も保護をしていないので、非常にデリケートであるということになります。

ですので、何も保護していない白木の表面の汚れだけを落とすには、優しい洗剤を使用しないと、汚れは落ちたけど木そのものにもダメージを与えかねないからです。

※ここで説明している白木というのは、屋内で使用されている白木で表面を保護していないものを対象にしています。

■こちらにも洗剤や床ワックスなどに関して詳しく説明してありますので、気軽に覗いてみてください。
また、ご質問などがありましたら、遠慮なく聞いてください。
http://www.wax-pro.jp/
posted by イシ at 14:37| 岡山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月12日

★あの取れなかった汚れが取れた!■汚れを落とさないとどうなるのか?

床ワックスを塗る前に、どうして床を綺麗にしてから塗らないといけないのか?
という事を書こうと思います。

あなたは掃除をされますよね?

え?
忙しくて滅多に掃除なんて出来ないって?
確かに、そういう私も掃除はなかなかしないですが。(笑)

でも毎日ではないけど、たまには掃除をしているのではないかと思います。


お気づきになっていると思いますが、掃除をおこなっても、だんだんと落ちない
汚れというものがでてくると思いませんか?

車でも、水洗いだけを行っていると、水垢のような落ちない汚れが残ってくるのと同じで、
ワックスをかけようと思えば、洗車用のシャンプーなどで汚れを落としてから、
綺麗になったボディーにワックスをかけるでしょう?

床でも同じ事が言えるのです。乾拭きや水拭きだけを行っていると、一見、
綺麗に見えても落ちない汚れが少しずつ残って蓄積されているのです。

ましてや床の場合、木目などの模様がある為、余計に目立ちにくく、なおさら
見落としやすくなるのではないでしょうか?

ですので、
一見、綺麗に見える床でも、そのような状態で床ワックスをかけてしまおうものなら、
その落としきれなかった汚れをワックスで閉じ込めてしまうことになるのです。


そうですね〜。
もう一つ、違った説明をしてみましょうか。


例えば、ワックスをかけようとしている床に、汚れではなく、誰かに踏まれてぺちゃんこに
なった状態のカメムシが死んでいたとします。(笑)
ぺちゃんこのカメムシをそのまま放置して、その上からワックスをかけてしまうようなことを
する人は、流石にいないのではないでしょうか?

私ならワックス云々よりも、まずは死骸をなんとかしたいと思いますもの。(笑)

少し極端な例になりましたけど、このように考えてみれば、汚れの上にそのままワックスを
かけてしまうというのは良くないということが、より理解して頂けたのではないかと思います。

せっかく床を綺麗に保つ為にワックスをかけるのですから、汚れも一緒に
閉じ込めてしまわずに、可能な限り汚れを落とし、綺麗な状態でワックスを
かけるようにしましょう!


■こちらにも床ワックスなどに関して詳しく説明してありますので、
気軽に覗いてみてください。
また、ご質問などがありましたら、遠慮なく聞いてください。
http://www.wax-pro.jp/
posted by イシ at 10:54| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。