2099年02月10日

★あの取れなかった汚れが取れた!■このブログを書いている人間

初めてSeesaaブログに日記を書くので使い方がよく分からず、1度載せていた日記も全て消し
てしまいました。(滝汗)
しかも、ブログは文章が命なのに書くのが苦手ときたもので、(汗)せっかく読んでもらえても、「なんだか読みづらいな〜」とか「これってどういう意味なんだろう?」などと思われることもあると思いますが、頭を柔軟にして読んで頂けますと幸いです。しかし、どうやって考えても分からない文章などがありましたら、気軽に質問してください。

私は元々、住宅材料を販売している会社で仕事をしていました。住宅材料と言っても木材だけではなく、住宅に関係する物は色々と扱ってきました。

そんな中で、住宅用のワックスも扱ってきたのですが、意外と住宅用のワックスを知らないという人や、知っていてもワックスのかけ方や、どんなワックスがいいのか。また、どこで売られているワックスがいいのか。ということを知らない人が多いことを知り、ワックスの販売を行うようになったのです。

ところがよく考えてみると、ただ販売を行っているだけでは買って頂いた方以外には伝えていけないことに気づき、少しでも多くの方に私が扱っているワックスや、ワックスを正しくかける為にはどのような手順で行わないといけないか。ということを知って頂こうと思い、文章を書くのが苦手な私が、苦手なりに頑張って書いてみようと思ったのです。
少しずつですが書いていこうと思いますので、どうぞ、宜しくお願い致します。

■こちらにも床ワックスなどに関して詳しく説明してありますので、気軽に覗いてみてください。
http://www.wax-pro.jp/
posted by イシ at 15:37| 岡山 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月09日

★あの取れなかった汚れが取れた!■床を保護するのは表面だけでいいのか?

 「床を保護する」ということを考えてみたときに、どのような
ことを思いつくでしょうか?

 私を含め、一般的に表面をワックスなどで保護することを
思いつくと思います。

 当然、床表面は毎日の歩行や物を置くなどのストレスがかかる
ので、保護することはもちろん大切なことです。

 しかし、床表面ばかりに気を取られてしまい意外と忘れがち
なのが、「床の裏側」つまり床下です。

 床下というのは、状態を直ぐに見ることができず、顕在的に何か
支障が出た場合でない限り、忘れがちになってしまうものです。

 また、床下はどのような環境なのか分からないことも多いのでは
ないかと思います。

 ちょうど今の時期というのは、床下にとっても、非常に悪い環境に
なるのです。

 長雨が続いて蒸し蒸しするようなときでは、床下の湿度は80%
以上となり、非常に湿気が溜まりやすい環境になってしまいます。

 たとえ土間のようになっていなく、ベタ基礎コンクリートの
施工を行っていたとしても、コンクリート自体に水分を含んでおり、
10年ほど経過すると木材が湿ったり腐ったりし、
最悪の場合「座が落ちる」といった可能性もでてきてしまうのです。

 床下の湿気が原因で、シロアリやカビに最適な環境になり、
気づかないうちに、木が食い荒らされ、カビが繁殖してしまう
ことにもなりかねないのです。

 また、床下の湿気が原因で、床上にゴキブリ、ダニなどが増え、
床上までも影響してきます。

 このように考えると、ある意味、床表面にかかるストレスよりも、
床下の方が、環境によっては床表面以上にストレスがかかってしまう
といえます。

 どんなに良い材料を使用して建てた家でも、土台や柱、根太が
傷んでしまっては意味がありません。

 床表面を保護することはとても大切なことですが、床下環境も
良くなるということは、床上、つまり居住空間の環境までよくなる
ということが言えるので、床表面を保護するだけでなく、床下も
保護することが大切ということになります。

 たまには床下も気にかけて頂けますと、幸いです。

■床表面や床下を保護する為のものを掲載していますので、
参考程度でも見て頂けますと嬉しく思います。

http://www.wax-pro.jp
posted by イシ at 15:56| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月19日

★あの取れなかった汚れが取れた!■湿気や臭いを炭の力で解決

今回お送りするテーマは、


  「炭の力で快適生活!」


という事を書こうと思います。


 炭には消臭や調湿といったいろいろな効果があることは
よくご存知と思いますが、そんななかでも、特に調湿や消臭に
優れていて、これは良い!!
と自信をもってお勧めできる炭があるのでご紹介します。


 ご紹介する炭は、もともと住宅の床下に敷くために開発
された商品なのですが、床下だけに使用するのは勿体無い
ということで、床下以外にも使えるように改良した炭が販売
されたのです。


 ところで、床下と言えばどのようなことを想像なさりますか?

 おそらく、一般的には暗くてジメジメしたようなイメージを
持たれているのではないかと思います。

 そういう私も同じようなイメージを持っていますので。(笑)


 現に、床下というのは、湿気が溜まりやすいので、いかに
溜まった湿気を取り除くかということが重要になってくるのです。

 なぜそこまで床下の湿気を取り除くことが重要になるかと言うと、
床下の湿気が激しい場合、数年で根太束や根太が腐り、床が落ちて
しまうことがあるからです。

 また、シロアリなど湿気を好む生き物にとっても、格好の住処にも
なるのです。


 そのような環境に対応できるように開発された炭なので、
調湿に優れていることはお分かりになると思います。


 このように言いましても、


 「実際のところはどうなの?」


 「言うほどたいしたことないんじゃないの?」


などと思われる方が必ずいらっしゃるので(笑)、
床下ではないのですが、私はもとより、家内にも協力してもらい、
実際にその炭を数ヶ月使用してみました。
(現在も使用しています。)


 まず、どこに使うとハッキリとした効果が分かるかと考えて、
私は寝汗をかきやすいので、自分の布団に使用し、家内の方は、
車に乗るたびに、車内特有の臭いが気になると言っていたので、
今回の炭を乗せて効果を試してみました。

 まず、私が使用してみた結果ですが、今までは布団が湿気を吸って
重たい感じがしていたのが、炭を使いだしてからは、ふかふかと
した感じになり、布団に入るのが気持ちよくなりました!

 また、布団に使用する目的で部屋に炭を置いていたところ、
なんと、部屋の消臭まで行ってくれるので、今まで家内に

「この部屋おっさん臭い!!」

とさんざん詰られてきて、微妙に落ち込んでいたのですが、
消臭効果のお陰で、そういった悩みもなくなりました。(笑)


 また、家内のほうは、車内の湿気が減り、臭いも軽減されたので、
快適に車を運転することが出来るようになったと言っていました!


 このように、効果を実感することができたので、家内に

 「試した結果も分かったし、車から炭を降ろしてもいい?」

と言うと、

 「このまま乗せておいて!!」

と言われてしまいました。(笑)


 結果、私だけが炭の効果を実感しただけではなく、
普段は辛口で、なかなか誉めてくれない家内にも、
このように効果を実感してもらえ、非常に満足してもらえています。


■調湿や消臭に効果のある炭に少しでも興味を持たれた方は、
写真付きで載せていますので、気軽に覗いてください。

http://www.wax-pro.jp/form-mo-sumi.html
posted by イシ at 14:37| 岡山 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★あの取れなかった汚れが取れた!■商品の扱い方によっては、価値が違ってくる?

 私はたまに、通販で商品を購入することがあります。

 一覧でき、すぐに欲しい商品を見つけることができる良さも
あるのですが、なんといっても、時間の節約になるのが
おおきなメリットだからです。

 そのような便利な通販を利用していると、セールスドライバーさん
から商品を受け取ることになります。

 商品をセールスドライバーさんから受け取るときに、
商品の状態によっては純粋に喜べるときと、不快に感じるときが
あります。

 極端に言えば、まったく同じ商品であったとしても、セールス
ドライバーさんの扱い方によっては、商品の価値さえ違うように
感じることがあるのです。

 私と同じように、こういった感情をもたれた方は、少なかれ
いらっしゃるのではないかと思います。

 では、床ワックスで考えてみるとどうでしょうか?

 まったく同じ床ワックスを塗ったとしても、塗る人(扱う人)に
よっては仕上がりが変わってきてしまうことがあります。

 どういうことかと言うと、どこから塗っていくかという順番は
当然のこととして、一度に床ワックスを付ける量や、
塗っているときの一つ一つの細かい手の動かし方など、
そういったことの積み重ねが、結果として見たときに大きな差と
なってしまうことがあるのです。

 床ワックスを塗るときに
■一度に塗る面積はどのくらいの広さにするか
■一度に塗る面積にたいして、ワックス量はどのくらい必要か
■ワックスを伸ばす手の向きは適正か

上記のような言わば、扱い方によって、同じ床ワックスで
あったとしても、仕上がりや商品の価値が違ってくることが
あるのです。


 例えば、顕著にみられるのが、木のアク洗い作業です。

 アク洗いとは、長年に渡って付いた日焼けやシミ抜きを特殊な
液体を使って落とす作業のことです。

 この作業は床ワックスを塗る作業以上に技術を要します。

 日焼けやシミの状態も、場所や年数などでさまざまなのですが、
例えば、同じ条件で同じ液体を使用して経験の浅い方と、経験豊富
な方がアク洗いを行ったとします。

 同じ液体を使っても、経験の浅い方が使用すると、
「こんなものか」と効果をあまり実感できないことが多いのです。

 ところが、長年行っている方は豊富な経験をもとに、状態に
あうように液体が持つ効果を最大限に生かして、

「これは素晴らしい」

と感動を得ることができるような仕上がりにし、その液体の価値を
さらに上げることができるのです。

 こういったことからも、同じ商品でありながら、扱い方次第では、
まったく違うもののように感じ、価値まで変わってしまう可能性が
あるのです。

 このように考えると、商品そのものの価値を、生かすも殺すも
扱い方によって大きく左右されるものだなあと痛感します。

 床ワックスについて、もっと詳しく知りたい方は、
下記より詳細が分かりますので、気軽に覗いてください。


■参考程度にでも、見てください。
http://www.wax-pro.jp/
posted by イシ at 13:47| 岡山 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月01日

★あの取れなかった汚れが取れた!■床ワックスはどうして木目に沿って塗るのか

 床ワックスを塗った経験がある方ならお分かりでしょうが、
床ワックスを塗るとき、基本的に木目に沿って塗るように
なっています。

 では、どうして木目に沿って塗らないといけないのでしょうか?

 今回は、床ワックスを塗るときに、なぜ木目に沿って塗らないと
いけないのかというお話をします。

 まず最初に、木目に沿って塗ることによってメリットがあります。

 それは、

木目に沿って塗ると
■ワックスの伸びがいい
■泡立ちにくい
■作業スピードが早くなる

ということがあります。

 上記のことは感覚的には分かると思いますが、そもそも
どうして木目に沿って塗るとこのようなメリットがあるのかと
いうと、これには理由があります。

 木材を販売しているお店などは、木を乾燥させるために
立たせています。

 これは、
山に生えている状態のように木を立たすことで木目が縦になり、
そのような状態にしてやることで、水はけをよくし、早く乾燥させる
ことができるというメリットがあります。

 また、立たすことにより、狭い面積に効率よくたくさん置くことが
できるメリットも兼ね備えているのです。


 ところが、なかには木を寝かせて(横にして)、「桟」という
木と木の間に小さな木を挟んで積み重ね、乾燥させているものも
あります。

 ではどうしてわざわざ面積をとるような乾燥をさせるのかと
いうと、またまたこれにも理由があるのです。

 板にした木や、小割りをした木というのは、立てて乾燥させると、
反りやねじれになることが多いのです。

 そこで、寝かせて上から押さえておくとこで、かなりの確立で
反りやねじれを防ぐことができるのです。

 このように、水はけをよくする、また、ワックスなら
ワックスののりを良くする。といった作業を効率よく行うために、
木目を利用しています。

 このように考えていただくと、なぜ床ワックスを塗るときに、
木目に沿うことが重要なのか?ということがより理解して
いただけるはずです。


 床ワックスについて、もっと詳しく知りたい方は、
下記より詳細が分かりますので、気軽に覗いてください。


■参考程度にでも、見てください。
http://www.wax-pro.jp/
posted by イシ at 13:34| 岡山 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。